Top > 妊娠の初期症状と初診の時期

妊娠の初期症状と初診の時期

妊娠の初期症状は人によって様々ですが、多くの場合は、月経予定日後の妊娠4~5週あたりから自覚症状が出るようです。
妊娠の初期症状の中でも一番わかりやすいのは、何と言っても月経が止まることでしょう。妊娠の心当たりがある人は、月経が遅れた場合は「もしかしたら......」と考えると思います。
妊娠の初期症状と思われるものが見られたら、すぐに妊娠か否かを知りたいところですが、ちょっと待ってください。産婦人科にかかるにしても、妊娠5週を過ぎなければ、多くの場合、はっきりした診断結果が出ません。「また1~2週間後に来てください」なんて言われてしまったら、診療費がもったいない(泣)。かといって、初診が遅いのも考えもので、異常妊娠の際は、対応が遅れる危険があります。
妊娠の初期症状が見られた際は、結局のところ、月経が遅れてから1~2週間後に診察を受けるのが最も良いようです。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
妊娠の初期症状と初診の時期(2009年7月 4日)
妊娠の初期症状(2009年7月 4日)
妊娠はスタート(2009年7月 4日)
妊娠というもの(2009年7月 4日)